女性をターゲットにするなら特別扱いせよ

物やサービスにおける購買決定権の多くは女性である。とりわけ主婦による物が大きいが、やはりチラシ作りには女性全般を呼び込むことが不可欠であり、そのためには常に研究しておくことが必要である。

女性を呼び込むために重要なことは、感性刺激。女性は理屈よりも感性つまり好き嫌いで消費行動する場合が多い。ゆえにチラシに女性が好みそうな写真やキャッチコピーをちりばめておくとチラシを見る確率が高まり、主客も高まるのだ。このように女性特有の動きを察知したうえでチラシを作る必要が有る。いかがそのポイントである。

①女性限定など特別あつかいする

女性は特別あつかいに弱い。ゆえに女性だけに絞った企画は成果を挙げやすい。例えば映画のレディースデイ。毎週水曜日に女性だけに限り、割引価格が適用されるという物。郊外型ショッピングセンターの映画館では明らかに主婦をターゲットにしており、また、パチンコ店やレストランでもこのような仕掛けは多く見られる。電車の女性専用車両も、その一つと考えても良い。

②明るいイメージを出す

明るイメージを出すためにはまずチラシの色偉bが肝心。よくチラシは何色がいいですか、という質問があるが、一番使われるのが赤、黄色、オレンジ、ピンクなどの暖色系である。なぜかというと、明るいイメージを演出できるからだ。これらの色はどちらかというと、女性が好む色である。③可愛さを演出する

女性は可愛さを好む。ゆえに子供の写真、動物のキャラクター、女性スタッフの笑顔などを散りばめると可愛さを演出できる。また、文字タイを丸い自体を使うと、チラシ全体のイメージが柔らかくなり、女性好みのデザインになってくる。このようにデザインを多少変えただけでも女性好みのチラシになるのだ。