レイアウトのポイント

レイアウトで扱う要素はおもに写真やイラスト、色、文字の 3 つに分け られます。ここではまず、写真をレ イアウトするときのポイントについて解説しましょう。

  • 写真は視覚に訴える。

写真は人の目を引いて、瞬時に様々な情報を伝えます。文字だけでは人の目を引きにくく、情報を伝えるにも時間 がかかります。文字を読み、頭の 中で意味をとらえるというプロセスを経るからです。写真があると、最初に写真に目を向けてからテキス を読みます。文章だけでは伝わりにくいことも写真の内容から感じ 取ります。ターゲットは写真を踏まえたうえで文章を読むので文章の内容に合った写真を選ぶことも重 要です。 文字と写真が補い合っていれば、時間がたっても写真とともに記憶に残りやすくなります。

  • 主題を明確にするトリ ミング

一枚の 写真は被写体やその周りの状況な の様々な情報をもたらします。ま た見る人の主観によっても写真から得る情報は異なります。そのた め、写真の主題を明確にして、メッセージを意図通りに伝えるには、 不要な部分を取り去る必要があります。これをトリミングといい、写真を使うときに欠かせない作業です。 トリミングによって主題が決まり、 写真がより引き立ちます。 トリミン グでは被写体の向きや写真の構図に注意します。特に人物や動物、乗り物、などの方向性があるものは顔の向きや空間によって伝わ り方が異なります。前方に空間が生まれるとポジティブに、後方に空間が生まれるとネガティブに見えるので、慎重にトリミングしまし ょう。

  • レイアウ トと黄金比

レイアウトに答えはないものの、数学を使ってアプローチする方法もあります。古典的な建築や芸術には黄金比が使われて います。黄金比は 1:1.618 の比率を指します。自然界に多く存在する比率で、ひまわりやバラの花が成長するときなどに現れます。また、古くから 建築や芸術作品にも取り入れられ、多くの人が美しいと感じる比率とも言われています。身近なところでは普段目にする名刺の縦横比もほぼ黄金比に当たります。 レイア ウトにおいてもこの黄金比を使って要素を配置したり写真のサイズを 決めたりすると美しくなるといわれています。ただし、黄金比がすべて正解ではありませんし、例外も多くあります。レイアウト作業に行 き詰った時などに解決方法の一つ としてこのようなアプローチを試し てみるとよいでしょう。

レイ アウトではこのほかに白銀比という 1:1.414 の比率を利用することもあ ります。身近な例では A 判や B 判 といった用紙の縦横比が白銀比 で、半分にすると元の長方形と同 じ縦横比音長方形が現れるという 特徴があります。レイアウト作業では定型の用紙を使うことが多く、ま た見慣れた比率のためこちらもよく利用されます。また、1:1.732 の白金比や、1:2のような整然比 が利用されることもあります。レイ アウトの一つの考え方として覚えて おくと便利です。 また、黄金比など の比率は写真をトリミングする際、 被写体の位置をこれらの比率で分割した位置に合わせることで美しい構図にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *