広告の原点

軽い内容は軽い気持ちで伝えたい。

用が済んだら残さない。

読んだら丸めて捨てても構わない。

必要以上に飾らず、変化に機敏で常に旬を楽しむ。そうすれば受け取る側も気持ちが楽でさわやかだ。

時期が来たらにぎやかに、終わればパッと散っていく。

これは日本の伝統的な美学の話ではなく、広告チラシ制作者の気持ちの在り様です。チラシには「散らす」を語源に持つ言葉に相応しく、客の心を掴むため市井にまきチラシ、腕によりをかけて作った自慢の品の情報を余すところなく拡げチラシ、商売敵と火花をチラス様を伝えます。チラシは明日の売り上げに直結する、広告・宣伝の原点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *