タイトル部分

同じ素材でも、タイトル部の面積を小さく組み替えることで、もう少し小さいセクションのトオップページデザインい見えるようになります。このように、タイトル部の面積はそのセクションのスケールと比例して考えるのが一般的です。前後のページとのつながりを感じるかどうかは、小口のデザインが大きく影響しています。小口に写真やグラフィク要素を配置すると、止めの印象が強くなります。つながりを感じさせたい場合は、小口側の本文を遮るものを置かないようにします。そのセクションの最後を完全に止めの状態に仕上げるには、その終わりのページの小口部分に本文とは異なる意味合いを持つ要素を配置します。本文との違いはフォントやサイズだけでなく、囲みや地色などではっきりわかるようにしておくと良いでしょう。

・ベーシックセオリー「ページネーション」

ページのある書籍や雑誌、webなどを作り上げてt行くこと、またそこに生じるページ相互の連続性のことをページネーションと呼びます。前後のページを読者に気づかれないほとに自然につなぎ合わせたり、冒頭でグッと心をつかみ、先へ先へとページをめくらせるような原動力を生み出すのがページネーションの力なのです。デザインを考えるときは、見開きページごとに作業をすることがほとんどですが、それが立体的に組み合わせされてページになったときのことを考え、そのページネーションによる効果を意識しながらデザインしなければなりません。こういったデザインワークは編集者との協調が不可欠です。

・帯

色や写真が幅広の洗浄になったものを帯と呼びます。帯には画面を引き締める効果がある他、協調したい場所の近くに配置したり、画面お方位構成を表す際にも使用されます。この例のようにページ全体に配置した帯には、額縁のような装飾的意味合いも出てきます。

・ショートセクション

2ページで完結する記事というのは一般的な雑誌ではあまり見られません。1〜2ページで完結するものは、コラムやレビューといった企画ものや連載ものがほとんどでしょう。情報誌やタウン誌などのページ数のものでは、2ページ記事も頻繁に見受けらえます。

・扉

ストーリー性のあるページ物の先頭、序章に当たるのが扉ページです。主にパンフレットや書籍に設けられます。これから始まる内容への期待感を高めたり、セクションを区切るための役割があります。

・横組みの左開き

本文が縦組のページ物は右開き、つまりページを左から右へと開きます。本文組が横海の場合は、その逆で、ぺーじを右から左へと開く左開きの構造になります。

・角度をつけて

レイアウト用語でエレメントを垂直水平ではなく、やや回転させて配置することを角度をつけるといいます。同じ意味で、振るという言葉が使われるときもあります。右にちょっと振って、と言った具合に使用します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *