自社の強みを表現する

ハッタリとは嘘ではなく、自社の強みをわかりやすく表現するものといってもよい。チラシ制作において、以下のような場合はハッタリ的表現として許されるのではないか。

  • ・創業100年という老舗が歴代の社長の顔をイラスト化し、「先祖代々お客様に愛され続け、100年!」というPRをした→実は途中何年か営業していないこともあったのだが、100年前に創業したことを誇張し、信用性をハッタリ的にPRした。
  • ・「20年前の価格に挑戦」というキャッチコピーを使い、本当に20年前の価格を調べチラシに打ち出した。→価格の安さを20年前と謳うことにより、その低価格性をハッタリ的にPRした。
  • ・婚礼セット100セットセールと打ち出したが、実際は90セットしか展示していない→品ぞろえの迫力を伝えるため、100セットという区切りのよい数を内田氏、品ぞろえをハッタリ的にPRした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *