本音をチラシに表現

最近チラシが当たらないんです。何か良い企画はないでしょうか。チラシがどうしてもマンネリ化するんですけど、よい方法はないでしょうか。チラシ制作の勉強会でこういった質問をよく受けるが、本音をチラシに表現しなさいとアドバイスします。誰でもそうだが、自社のPR販促物ではどうしても見栄を張りたがる。どうにかしてお客様によくみてもらおうどうにかしていい会社であることを理解してもらおうとどうしても表現が背伸びしがちになるものだ。もちろんチラシ制作は目いっぱい背伸びして表現するほうがいいと思うし、それ自体は全く否定しない。むしろ背伸びつまりチラシの中身をよくしてお客様に少しでも来店してもらおうとするのは大切なことだと思っている。ただそればかり続けると、本来の自分の姿を見失うことも多々あるので、そんなとき、本音を表現すべきかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *