フォームを作成する

フォームを使用してデータを入力するには、まずWebページ上にフォームを作成することから始めます。フォームはHTMLファイル上では「<FORM>~</FORM>」タグで囲みます。タグに詳しければ、もちろんHTMLファイルに自分でタグを入力しても良いでしょう。しかしながら、ホームページ作成ソフトを使用すれば、フォームの見た目を画面で確認しながらフォームを作成できるので、それらを使用すると便利です。タグに詳しければ、もちろんHTMLファイルに自分でタグを入力しでもかまいません。しかし、ホームページ作成ソフトを使用すれば、フォームの見た目を画面で 確認しながらフォームを作成できるので、それらを使用すると便利です。フォームで「送信」ボタンをクリックすると、 <FORM>タグの actionJで指定したスクリプトが実行されます。その中で、フォームで入力されたデータを読み取って、必要な処理を行います。

入力されたデータは、スクリプトには変数として渡されます。それぞれの部品に は名前を付けましたが、それと閉じ名前の変数が自動的に作成され、フォームで入力された値が代入されます。その変数を通してデータを処理して行くのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *